引越しを任せるのなら大手引越し業者 - 1月 15, 2015 by nanamite

意外と時間と労力を使ってしまう引越し作業や準備ですが前もってある程度理解しておけばその後の引越しにおいて少しは役に立つんではないでしょうか。引越しと言っても色々な状況があると思いますが例えば一人での新しい生活や家族総出で始める引越しなど単に引越しと言っても人それぞれで違ってきます。引越しでの良い選び方や良い進め方は、やはり始まりである引越し業者選びからではないでしょう。個人的な意見を申しますと、これまで引越し業者選びで良かったと感じたのはやはり大手引越し業者でした。幾度かの引越し経験からあまり名の知れていない、いわゆる町の引越し屋さんのようなところにお願いしたことがありますが従業員の態度や作業内容などには問題だらけだなと感じました。もちろんこれは個人的な経験なので決して全てがそうだとは言いませんが大手引越し業者の場合ですと、やはり基本が成り立っているんだなと実感しました。お客さんに対する態度、または気遣いなどはこちらも安心して任せられるほどの対応ですからそれだけでも大手引越し業者にお願いするに値するのではないでしょうか。引越しを完了するまでの間は神経や体力などいろいろと疲れてしまうことが多いので少しでも気持ちの良い引越しをしたいものです。

 

最初のご相談 - 12月 18, 2014 by nanamite

引越し屋さんにお願いをして、まず、お見積もりを出すために、お家に来てくださり荷物の量などをみてトラック大きさや費用についてお話しされますよね。
引越しを何度か経験しているのですが、毎回、このご相談の日がとても緊張します。
毎回違う岡山の引越し屋さんにお願いをするのがいけないのかな?とも思ったのですが、この最初に日の緊張がない引越し屋さんがいいと探しています。
この緊張はいったいなんだろう?ーそれはご相談に来てくださる方が今まで男性しかいなかったからなんです。これは大きいと思いませんか?
初対面で、もちろんお仕事のお打ち合わせにいらしていただくのですが、、、、初めてお会いする方をお家に上がっていただくのは多少の不安がありませんか?
犯罪が多くなっているのでもしかしてと不安もありますよね。
特に女性の一人暮らしでのお引越しは心配になります。
なかなか女性のすたが打ち合わせにいらっしゃらないのはなぜなのでしょう?そのような引越し屋さんをご存知方はいらっしゃいます?
私にとって女性のスタッフさんが対応してくださるのは選ぶかなりポイントになることだと思うのです。
どこかの引越し屋さん、ぜひ女性のスタッフさんと打ち合わせをさせてください!
きっと、みなさん安心してお願いすると思いますよ!

 

 

ある引っ越し業者の話 - 11月 20, 2014 by nanamite

昔取引先の会社で運送業をやっているところがありました。建物は古く、また運送業の割にはトラックの自社保有台数が少ない会社でした。運送業といっても様々なものがあります。コンビニに配送したり、ポピュラーなところでは宅急便、運ぶものや距離など様々です。その会社は主に引っ越しをやっている、と聞きました。
引っ越しといえばテレビで頻繁にCMを出している大手の会社が有名です。電話帳やチラシで小さな業者は宣伝していますが、やはり大手にはかなわないようです。しかしその取引先は順調に業績を伸ばしていました。傍目に見れば小さな地元の運送屋さん、といった感じですが実はかなり特殊な引っ越しを得意とするスペシャリストでした。
一般的に神戸の引っ越し業者が忙しいのは春先です。就職や進学などがあるからです。しかしその会社は特に春先が忙しい訳では無く、夜が忙しいと言っていました。その会に社の得意分野は実は「夜逃げ」なのです。さすがにこれは表沙汰に大きく宣伝出来ないので、社長の特別なコネから顧客を獲得しているようなのです。引っ越しそのものはかなり普通のやり方と違います。トラックは極力レンタカーを使います。普通は寝静まる時間を狙って素早く家財用品を持ちだし、夜中に目的地まで運ぶそうです。料金もそれなりにかかるみたいですが、需要は途絶えないらしいです。

友達を呼びましょう - 10月 30, 2014 by nanamite

私は同じビルの別の階に引越しをするときに、一人しかいませんでした。
本当は誰か友達を呼んで片方の部屋にいてもらって、見張りをしてもらうべきだったのですが、その日は友達が用があって、私一人で引越しをすることになりました。
同じビル内の引越しなので、トラックに積み込んだりする必要がなかったので、引き出しのチェストなどには、中身がはいったまま運んでもらうことにしました。
私は貴重品は自分で梱包していたのですが、その中からニコンの双眼鏡やカメラのレンズ、指輪などが盗まれてしまっていました。
一人しかいなかったので、その異常に気づくのが遅かったのです。
おまけに、イタリアにいる友達がお土産に持って来てくれていたワインもなくなっていました。
私は引越し荷物が到着するほうの部屋にいましたので、元の部屋から新しい部屋の道中は見張りが誰も居なくて、ものを盗むにはもってこいの状況でした。
おまけに、カメラなどの本体には手を出していなかったので、なくなったことに気づきませんでした。
引越しのときには、物が運ばれている時に見張っている人が必要だと思いました。
盗まれたものになかなか気づかないようなものを盗んでいて、お金に換えやすいものを盗まれていました。

図書館と息子 - 10月 12, 2014 by nanamite

本嫌いの息子の机の上に、珍しく図書館で借りてきたと見られる本があった。
あららら、懐かしい!私が小学生の頃大好きだった「ズッコケ三人組」シリーズの本じゃないの。
うんうん、この表紙に見覚えアリ。
read the entry »

« old Postsogtzuq