外国での日本車の人気に関して

目下海外在住です。
ここでは日本車は一流の「外車」ということです。
現地製の車は新車でもすっごく故障ばかりなんかで、日本車は現地の方にもかなり需要が高いです。

車検制度が日本と異なると思われますか、「こんな車まだ走るの?」とでもいうべき古い車が気にせず公道を走行しております。
従って日本車も新車からとても古いスタイルの中古車まで広い範囲の車種を拝見することができるのです。
いまでは、日本では見れなくなったほどの古い日本車を海外で確認できるのは、ホントにミステリアスな気がします。

高い人気を誇る日本車なので、中古車でも驚くくらいのお値段がついているというわけです。
日本でその値段をだせば、中古車じゃなくて次のランクの新車が購入出来るくらいの売り値です。
国が違って来るのでどうしようもないな、とは思いますけれど、車を入手したい私にはほんとに買えないような値段です。

街を行き交っていると、時々日本で私が運転していた車に出くわすケースがあります。
日本車が海外に輸出されるにあたって、ネーミングも変更になる時もありますが、私が過去乗ってた車は同じ名前でここでも売られています。
ここへ来るにあたって、日本でのマイカーは売却してしまったので、自分の愛車は新しい持ち主のもとで生き生きとしているのかな、とまったく懐かしく感じます。
車買取見積り 札幌 愛車を高く売るには