兄の引っ越しと家族の絆

私には3つ年上の兄がいて、私が高校に入学する時、大学に行くため家を出て、一人暮らしを始めた。
その年の3月初旬、家族4人で兄の引っ越しをした。引っ越しといっても、男の1人暮らし、たいした荷物があるわけでもなく、親戚からバンを借り、その1台にすべての荷物を積んだ。
引っ越し当日、私はいつもと変わらない朝を過ごしていた。いよいよ出発の時間、部屋へ迎えに行くと、兄は一人、自分の部屋で涙を流していた。びっくりしたが、気づかないふりをして、出発。車中でもいつもと変わらず家族4人で談笑しながら、これから兄が暮らすアパートへと向かった。
無事アパートへの荷物の積み込みや、簡単な整理も終わり、兄との別れの時。兄はアパートに来て心が切り替わったようで、もう涙を流すことはなかった。
車で寝ながら帰ってきた私は、家に入ると真っ先に兄の部屋へ行き、そして泣いた。生まれてからずっと家族3人がそばにいてくれた私にとって、家族が離れるのは初めてだった。兄がいない事を実感し、涙があふれた。後で父に聞いた事だが、母も帰りの車でずっと泣いていたそうだ。
兄の引っ越しで家族の絆や、いつもそばにいてくれる大切さが分かった。
そして4年後、兄が大学を終え、家に戻るため、4年前と同じ道を、今度は4人で帰って来た。

株式会社ヴェントゥーノの「快朝」

便秘といっても人それぞれ症状が違います。
何日も便が出なかったり、
2、3日1回くらい排便があるけど、別に不快じゃない人もいます。
毎日にお通じはあるけど量が極端に少ない時も腸の中に便が大量にたまっている可能性があります。しかし、便通には人それぞれ個人差がありますので、
毎日排便がないとしても便秘とは決められないのです。
ただやはりこういった状態が長期間続くと心や体の変調を来たりすることがありますし
痔の原因になってしまうこともあります。
便秘の原因だいたい3つに分けられます。
一つは、学校や仕事に行く前に便意があるのに、時間がないので我慢してしまう。
便意を我慢しているとそれが習慣になって便秘になってしまう。
それから、これは高齢者に多いのですが、腸がたるんでしまって排便する機能が衰えてくる
そういったことが原因で便器が引き起こされる場合もあります。
三つ目はストレスなどが原因で、腸を働かせる自律神経に障害が起こってしまって
便通異常になり、ころころウンチや便秘になってしまう。
そんなことが便秘の原因として考えられています。
便秘を防ぐには(対策)便秘を防ぐためには
食物繊維を多く取り、生野菜や果物などを取って腸の運動を活発にする
毎日適度な運動をする、ストレッチや深呼吸などでも毎日繰り返すことがいい。
ストレスをためない便意を我慢する傾向があるなら、意識的に便意をもよおしたら我慢せずにすぐにトイレに行くあるいは毎朝必ずトイレに行く習慣つけるなどすることも必要になります。
排便機能が衰えてる場合は、腹筋を鍛えたりすることも効果があるようです。
株式会社ヴェントゥーノの「快朝」はその名の通り毎日朝を快適に迎えるためのサプリメントです。(国立大学との共同研究で開発されました。)

札幌から稚内に引越しをするとき

札幌から稚内へ引っ越しをしたときにどこの引っ越し業者に頼むかとても悩みました。引っ越し業者ごとにそれぞれのサービスや料金が違うんですものね。やっぱり考えたのは少しでも安い料金で、そして作業も確実にやってくれるところでしょうか。聞いた話ではアルバイトの作業員を雇っていているので、作業に不慣れだったりとかしてものをこわしたりなくなってしまったりとかそんな経験をした人がいるからなんです。大手といわれている業者さんだったのですが、やっぱり大手だからといっても安心はできないのですね。ただすべての業者がそうであるとは思いませんね。しっかりとした作業をしてくれて補償もしてくれる業者もありますから、やっぱり転居の時には、業者をしっかりと選ばないといけないんだなと思いました。
引っ越しにも必要に合わせていろんなプランがあるので、そういったものを上手に利用するといいかもしれませんね。例えば、家具だけ運んでもらうとか、これは自分で運べるようなものは自分で自分で運んでおいて、自分では運ぶことが難しい大型家具などは業者さんにお任せするというものです。そうすることで料金を安くすることができます。できるだけ安くしたいと思っている人にはすごくいい方法だと思います。

まつげ美容液

まつげに美容液をつけることで、濃く長いまつげを育てることができるようです。美容液をつけるとまつげが長く、産毛のような柔らかなまつげではなく、丈夫なまつげが生えます。今の段階であるまつげのハリをアップさせる成分も使われているようです。色々な化粧品会社から、まつげ美容液が開発されています。含まれている成分は、商品によって違います。大きく分けるとまつげに必要な栄養成分をまつげ全体に行き渡るようにするトリートメント効果を発揮するタイプがひとつ。これから生えてくるまつげを美容液の栄養素で育てるタイプもあり、これはまつげの毛根につけることで効果を発揮するものです。まつげは髪の毛と同様、一定の周期で生え替わり、新たなまつげが作られています。古いまつげと新しいまつげが入れ替わるサイクルは1ヶ月から3ヶ月だと言われています。髪の毛より短いサイクルで循環しているため、美容液の効果の現れ方も早いようです。頭髪に関しては、トリートメントやパックを入念に行って、豊かな髪であり続けようという努力を重ねている女性は珍しくありません。まつげも同様、美容液の活用や毎日のケアの積み重ねが重要な意味を持っているのです。

気になる中性脂肪

中性脂肪を下げる働きがあるEPAとDHAを含んでいる
ニッスイの特定保健用食品イマーク
発売から17万以上が飲んでいる評判の健康飲料です。
中性脂肪の値が高いとどうしていけないのですか?
経験者の私はその怖さを知っています。
たかが中性脂肪と侮らないでください。
健康診断で中性脂肪が高いといわれてもなんの自覚症状もないですし
痛くも痒くもないんです。日常生活にも全く支障がありません~でした。
でもそのままの状態が続くとやがて動脈硬化を引き起こし、
その後は心臓疾患や脳血管疾患を起こす危険がとても高いんです。
中性脂肪が高くなる要因は食事や生活習慣が大きく関わっています。
カロリーを制限したり運動を続けたりすればある程度は改善されるかも知れませんが
完全に改善するのは正直簡単にできませんよね。
わたし自身は中性脂肪が高いということがわかってから食生活には気をつけたり、運動をしたりとかしていました。
でもあるとき遂に動脈硬化が進んで心臓疾患の一つである狭心症を患ってしまいました。
今になって思えばもっと中性脂肪に気をつけていれば良かったと思っています。
一度進んだ動脈硬化を元に戻すことはできません。
なので今後もわたしの場合は心疾患の危険と隣り合わせの生活しなければなりません。
皆さんもそうならない前に中性脂肪を正常に保ってください。
また、現在中性脂肪が高い人にはこちらがオススメです
たくさんの人がその効果を実感しています。
今ならお試し10本セットが1050円で購入できます。
通常価格は3,150円なので半額ですね。

野菜嫌いな子供

我が家の小学生の二人の女の子が二人とも野菜嫌いで困っています。
料理には小さく切ってわからないように入れるように工夫していますけれど
でも野菜を食べる量が圧倒的に不足しています。
子供の野菜不足を補うためにキューサイのはちみつ青汁を!~
なぜハチミツ青汁かというと、子供にも美味しく飲めるからなんです。
もちろん子供に好き嫌いがありますから、すべてのお子さんの口に合うと断言することはできないですけれど~
販売者さんでは街頭でハチミツ青汁を飲んでもらってアンケートをとったところ
102名中74%の人が「飲みやすい」と回答したんだそうです。(7歳~70歳)
個人差はあると思いますが、スッキリと飲みやすくて子供でも美味しいと感じられる飲み物だと
いうことが言えると思います。
青汁の原料は主にケールを使っているのですが
ハチミツ青汁はケールの他に、
善玉菌の働きを助ける栄養機能食品の「ピオチン」を配合しています。
ハチミツにはいっしょに食べて食品の栄養成分の吸収を高める働きもあるんだそうです。
トマトが赤くなれば医者が青くなるといわれているとても栄養価の高い野菜の代表格である
トマトと比べるとケールの栄養価が格段にすぐれていることがわかります。
カロテンは5倍
ビタミンCは5倍
カリウムは2倍
食物繊維は3.7倍
カルシウムは31倍
だから
・自分や家族の中で朝食を食べない人がいる
・子供や親も野菜が嫌い
・慢性的な野菜不足
・夜更かしをすることが多い
・肉や脂っこい食事が好きだ
そんな家族にピッタリの健康飲料だと言えます。

いろんな事が思い出になっていきますね

私、「転勤族の妻」やってます。
全国を転々としています。
結婚してから、5回引っ越しました。

5回中、4回1人で引っ越してます。

1回目は、私も正社員で仕事してたんで、急に辞められなくて。
旦那は辞令と共に去ってゆき、私は残務処理をして、
日々1人で黙々と引っ越し作業。

2回目は家族みんなで普通に引っ越し。
(1回目の引っ越しの後、出産したんです~)

で、3~5回目は、子供の長期休みに入るのに合わせて、引っ越してました。
旦那の異動が夏休み直前、春休み直前、っていう中途半端な時期なんで、
いつも子供のその時の学期を終わらせてから母子で移動してるんですよ。

いや~子供と2人の引っ越しって、ホント大変…
子供の相手もしなきゃだし、荷物に囲まれながら、ちゃんとご飯作ったり、
「まともな生活」をしなきゃいけないですもんね。

で、まぁ、私も引っ越しのプロになっちゃいまして、
家電や大型家具は別として、ちゃちゃちゃっと荷造り出来るようになりました。

そんな私が一番苦労したのが車。
3回目の引っ越しの時。
子供が生まれてから車を買って、旦那が運転してたんですよ。
私はほぼペーパー状態で。

でも、3回目の引っ越しは、旦那が先に単身で行ってしまって、
私が車を運転して長距離を移動しなければならなくなったんです…

運転距離を減らすために、途中フェリーに乗ったんですが、
ただでさえ苦手な運転なのに、車で船に乗り込むとか、もうパニック…

その後、不便な地方都市で運転技術を磨き、フェリーは懐かしい思い出となりました。

そして、このたび、お家を建てる事になりました。
来年早々に最後の引っ越しが待っています!